2017年2月

第7回イタリアワイン飲み比べ会inFontana

1.スタート(サンジョベーゼ100%)
・林檎やチェリーの香り、キレのよい酸が長く続く。

サンジョベーゼはイタリアを代表する赤ワイン用の葡萄で、白ワインは珍しい。

2.フランチャコルタ(シャルドネ.ピノ・ビアンコ)
・トロピカルフルーツの香り、きめ細かい泡立ちとまろやかさがある飲みやすい辛口ワイン。

コストパフォーマンス抜群のフランチャコルタとしても有名で世界中で愛飲されるワイン。

3.ガヴィ(コルテーゼ100%)
・林檎や白い花のような華やかで複雑な香り。酸味と爽やかな果実味のバランスが良い。

葡萄一粒の栄養分を高めるため房の下部3分の1を切り落として育てる。

4.テルラーノ(ピノ・グリージョ100%)
洋梨の香り、豊富な果実味とミネラル感が心地良い。

果実味とミネラル感が豊かなのでそのままでも、料理全般とも楽しめる白ワイン。

5.ラ・クーポラ(ピノ・ノワール100%)
ラズベリーや苺など、赤ベリーの香り。

熟れた果実の豊かな果実味、しっかりした余韻。タンニンも非常に柔らかく、口当たりまろやかなワイン。

6.バローロ(ネッビオーロ100%)
・イタリアワインの王様と呼ばれる赤ワイン。

カシスの甘い香りと、高いアルコール度を感じさせない優しい仕上り。

本来、酸味とタンニンが強く料理と合わせないと飲みにくいワインだが、このバローロは非常に親しみやすいバローロ。

Page Top